勤怠管理を導入するメリット

企業に勤怠管理を導入することには、さまざまなメリットがあります。まず、このシステムを導入しますと、従業員の労働時間を管理する時間と労力を大幅に節減することができます。これまで、紙で従業員の労働時間を管理していたときは、上長の承認や担当部門の社員によるデータの集計や、計算などの労力が必要でした。しかし、この管理の方法では、社員の数が多い企業ほど作業に時間がかかるという欠点があり、特に締め切り日前後には、管理担当者が残業を強いられることもありました。勤怠管理のシステムは、ウェブサイト上で出勤と退勤の時間を社員一人一人が入力できる機能を持っています。

このシステムを導入しますと、自動的に残業時間や有給の残数の管理まで行ってくれるため、担当者のミスを防ぐことができるのはもちろん、入力の二度手間や書類のファイリング、手計算などの無駄な労力と時間の削減につなげることができます。さらにこのシステムを導入すれば、上長の承認もパソコン上で瞬時に行うこともできるため、複数の上長の間で書類のやりとりをするという無駄も省けます。また、勤怠管理を導入しますと、業務の改善に役立ちます。このシステムを導入しますと、月ごとではなく、毎日の従業員の勤務の状況を本社でリアルタイムで把握することが可能となるため、社員が毎日どの業務にどれだけの時間を費やしているか、離れている支社や事業所の経営状況はどうなっているか、ということを確認し、改善に向けて調整することができるようになります。また、勤怠管理のシステムを導入しますと、会社の人件費や諸経費の削減につなげることができます。このシステムを使いますと、社員の労働の状況を瞬時に把握できるため、残業の指示や指導の方法がより明確になり、無駄な残業費を削減することができます。また、各行政機関への申請のために使っていた備品や用紙も用意する必要がなくなり、入力や計算に時間もかからないため、人件費や諸経費の節減にもつなげることができます。

さらに、勤怠管理システムには、導入する会社それぞれに応じてカスタマイズをすることかできる、という利点もあります。このシステムには、汎用性が高くどの企業にも対応ができるASP型のものと、企業の就業規則や特徴を取り入れてシステムを構築できる構築型のものがあります。前者には、スピーディーかつ低コストで導入できるという利点があり、後者にも、変則的な就業企業がある企業に適しているなどの利点があります。